子育てはキャリアにとってハンデ?それとも?

出産後、復帰した時に、私は子育てをしながら仕事をいていることが「ハンデ」と思い込んでいて、なんとなく肩身の狭い思いをしていました。

ワーキングママの方なら、一度は経験した想いかな、と思います。

しばらくそんな思いで仕事をしていましたが、ある日、そんな自分の思い込みが大きく間違っていたことに気がつきました。

「私、昔よりも仕事の効率が良くなっているかも」
「独身の時よりも、部下や同僚に慕われる気がする」

そうです。

こんな考えをこちらのYouTubeでお話しさせて頂きます。よろしければご覧ください(外から撮ったため、少し聞きづらいところがあるかもしれません。ごめんなさい)

実際、子育てママが会社や組織に貢献できることは多くあります。
例え働く時間が短くても、それをカバーできるくらい、価値があると思います。

私は部下で子育てをしている人は「ウェルカム」!
独身の男性よりも多くの責任を任せて、活躍してもらっていました。

  • 子育てママの強みの一つが「リーダーシップ」。
  • そして、マルチタスキングスキルなど。

残念ながら、多くの会社はそれに気づいていません。

お母様方! 子育てをキャリアの「ハンデ」と思わずに、強みとして、活かしてください。また、可能である限り、それを理解してくれる環境で仕事をしてくださいね。

よろしければこちらのYouTube動画をご覧ください。チャンネル登録していただけると嬉しいです!

それでは皆様、素敵な1週間を!

関連記事

  1. デジタルデトックス、どうしてる?

  2. ミラノの夏

  3. パートナーにどれだけお願いしてる?

  4. ゴールを持つことで充実した時間を

  5. シャンパンを飲む年末に考えたこと

  6. 女性と男性のキャリア設計の違い

  7. ワーママの時間術

  8. 女性のキャリア継続には、「あえて難しい」仕事が必要な理由

最近の記事

  1. グローバルスタンダードの仕事術

    成功は〇〇の伝え方次第
  2. マインドセット

    プレッシャー に負けそうになったら?
  3. ステップアップ

    新年の抱負 実現するための5つのコツ
  4. マインドセット

    可能性に溢れた2022年!