実は私にもありますよ。自信がなくなる時

あなたのポテンシャルを最大化して世界で唯一の輝きを手に入れるための国際エグゼクティブコーチ
ミラノ在住の、ヴィランティ 牧野祝子です。

私達は神でもロボットでもないので、いくら成功している人でも失敗することもあれば、自信がなくなる事もあります。

成功している人達はそのイメージだけが目立つので、一見 失敗したり、上手くいかないことがなく、また失敗したり、自信を失うのは「恥ずかしい事」のように思える事がありますが、そうである必要はありません。

コロナで世界中がロックダウンしていた頃、MBAの同級生とズーム会がありました。卒業して20年となれば、社長、デイレクターレベルしている人達も多くいる中、つい最近まで大企業で活躍をしていた人が「仕事探してるんだけど」などと自信なさげに言う事もあり、それはそれで人間らしさを垣間見た気がしました。

外向きには自信たっぷりの自己アピールの得意な彼らも、プライベートでは、そんな表情もあります。

「自信がない」というのは特に女性にはよくある事で、いかにもパワーウーマンという感じの欧米の女性でも本音の所はあまり変わりません。

では自信がないと言いつつ、周りにはそう見えないパワーを出しつつ、活動的に動いて成功していく人と、自信がない、とストップしてしまう人は何が違うのでしょうか?

私も以前はよくありました。

「自信がない」
「できない」
「たまにやってみてもそんな状態でやるから上手くいかない」
「次に続かない」

の悪循環。最近では

「自信がない」
「ま、とりあえずやってみよう」
「それ程上手くいかない」
「でも数人が応援してくれたからいいや。それに感謝」
「次にどうやったら上手くいくか考える」
「またとりあえずやる」

というサイクルに入りやすくなりました。
このコツとしては、

「自信がない」「もうダメ」と言う “感情、心” は一度ホールドして、忘れた事にして、
「次の行動」という “考え、頭” にフォーカスを当てる事です。

そして何よりも
「ここでストップしたら、ゴール達成が遅くなるだけ」
「あんなに成功している〇〇さんも失敗するらしいから、私もこれから学べばいいや」
と無理矢理でも考え、前に進むことにコミットする事です。

応援してくれる仲間、コミュニティに属する事も良いと思います。コミュニティもそれぞれカラー、カルチャーがありますので、自分に合ったものを選ばれると良いと思いますが、私は成功もシェアできるけど、失敗や不安な時に温かい応援がある、そんなコミュニティが好きです。

逆にあなたが頑張っているのに、そこからわざわざ失敗を発見しよう、などという方々からは、身を遠ざける事をオススメします。

いずれにしても、自信がない、という感情を少なからず持つのは、人間として当然の事。

恥ずかしがらずにこの感情もバネにして、次のステップへの原動力となるといいですね。

そして、たまに「もうダメ」と思ったら、ぼーっと休んだり、寝たりするのも。雨の後にはいつか晴れがくるのですから!

関連記事

  1. 複数のコミュニティで生きると?

  2. 目標達成を実現する2つのコツ

  3. 「国際エグゼクティブコーチング」とは

  4. やってみて分かること

  5. 自分の好きな事、やりたい事がわからない!

  6. 自分の人生、生きていますか?

最近の記事

  1. グローバルスタンダードの仕事術

    ワーママの時間術
  2. ゼロからの起業

    会社は実験室!
  3. グローバルスタンダードの仕事術

    仕事における環境の大切さ
  4. グローバルスタンダードの仕事術

    複数のコミュニティで生きると?