任せること、得意ですか?

皆さん、人に任せること、得意ですか?

  • タスクを部下に任せる。
  • 子育てで何かを旦那様に任せる
  • 家事代行の方に、何かをやってもらう。
  • お子様にお手伝いしてもらう

など

これに慣れると、皆さんの時間にグッと余裕が出るかも 、です。

「私、任せること、苦手かも」という方、多いのでは?

日本人の女性は責任感が強く、また、質の良い仕事をするので、「任せて変になったり、やってくれなかったらストレスになるし返って困る」ということから、任せるよりも自分でやっちゃうタイプの方が多いかもしれません。

上海で仕事をしていた時に、こんな事がありました。

ファッションストアのオープニングで、窓ガラスやデイスプレイケースに指紋がついているのが、私には非常に気になったのですが、これを私が例えばフロアマネージャーに言うと、彼がスタッフに言って、スタッフの人が掃除のおばさんに言う、ということがありました。

これは、どんどん人に「任せる」とはちょっと違いますね。人に任せても、最終的な結果には責任を持って欲しいので、「ただ人にお願いする、言っておしまいにする」というのは「任せる」ことにはなりません。

私はこの状況の中で、3人目に指示が行き渡るその時間を待っているよりも、私が直接掃除をしたほうが早かったので、ある時から、私は濡れ布巾と乾いた布を持ち歩き、自分でやるようになったら、フロアマネージャーやスタッフも自分たちから指紋を拭くようになりました。

  • 私が自ら動いたことで、チームのカルチャーが変わったのと(自ら行動する)
  • 人にお願いしても、最終的な結果まで見届ける大切さを伝えられた

かな、と思います。

「任せる」のは「責任」を持ってもらうことですが、任せた人がちゃんとタスクを良い質でこなすことに、任せた本人にも責任がある と思っています。

これが任せることの難しさです。

ただお願いして忘れられるのであれば、人に「言いつければ」良いわけですが、最終的な結果に責任を持つとなると、任せることへのハードルがグッと上がります。

長期の時間投資の観点からここは辛抱

  • 部下のレポートの分析がいまいちでも
  • 旦那様の温めたミルクが熱すぎたり
  • オムツの前と後ろが逆になっていたり
  • 子供の洗ったお皿がちょっと汚くても

「それなら私、やるわ」

となると、いつまでたっても「任せる」ことができません。

自分の時間が足りなくなり、またそれ以上のにステップアップするのが難しくなります。

人に任せる時には、

  • ある程度は目をつぶる
  • 「ありがとう」を伝え、人の良いところを思いっきり褒める
  • その上で改善法も伝授する
  • 最終的な責任は最初は自分でカバー

が必要です。

それなら自分でやった方が絶対早いのですが、これ、長期の時間投資の観点から考えてくださいね。

部下が育って、旦那様が育児して、お子様が掃除してくれれば、皆様の時間にグッと余裕ができるはずです!

関連記事

  1. 素晴らしい上司の秘訣は?

  2. 知ってる?仕事での「ありがとう」のパワー

  3. 「時間」とはあなたにとって?

  4. デジタルデトックス、どうしてる?

  5. 「弱み」の裏の「真の強さ」

  6. とっても大切: 企業カルチャー

  7. コントロール「出来ない」時間の使い方

  8. 『実践できる』時間術!!

最近の記事

  1. グローバルスタンダードの仕事術

    私の心に残るリーダーからのフィードバック
  2. マインドセット

    アンチコメント? おめでとう!
  3. グローバルスタンダードの仕事術

    反対意見、どうしてる?
  4. イタリア

    感動!日本のおもてなし