仕事における環境の大切さ

「誰と」「どんな環境で」仕事をするか

先日、外資系人事、キャリアの方と話をする機会がありました。

ここのところ、内定をだして、辞退する人の理由が変わった、という話がありました。
以前は「お給料や待遇などがあわない」が主な理由だったそうですが、最近の内定をことわる理由は

「環境があわないから」

これは、とても良い傾向ではないかと思います。

  • どのような環境で仕事をするか。
  • 周りの人がどんな価値観を持っているか。

仕事選びで重要なのは、業界や仕事の内容もありますが
「誰と」「どんな環境で」仕事をするかもとても大切です。

いくら楽しい仕事でも、自分にあった上司で、居て心地の良い環境でするのと、
同じ仕事でも、一緒にいるとストレスになる人とするのでは全く違いますね。

これから就職される方、転職をお考えの方、「どんな」仕事も大切ですが、
「誰と」「どんな環境で」の大切さを忘れないでください。

面接で人事の人と面接したら、たとえば

「私の上司になる方の事をお伺いしたいのですが、その方のマネジメントスタイルを教えていただけますか」
「御社の企業カルチャーは」

などを質問しても良いと思います。
そして、面接はできるだけ多くの人とすること。

これから何年も仕事をする場所を1人、2人会っただけで決めるのは不安ではありませんか?
「御社のことをもっとお伺いしたいので、他にも会わせていただける方はいらっしゃいますか?」私なら聞きます。

その人事の方と他にもお話して興味深かったのは、コロナで会社を辞めていった人が多い、という事。

若い方が私生活やライフスタイルも変わり、
また「本当に何が大切か」という価値観を振り返り
「これ、私のやりたい事ではなかった」と気づいて行動した人なのだと思います。

– 今の自分を取り巻く環境 –

皆様も、自分の周りの環境、一緒にいる人たちの価値観などを見直してみて下さい

「ちょっと違うかな」と思ったら、転職もありますが、そんなに仕事を急に変えることができるわけでもないと思うので、「理想の環境を今属している以外で探す」ということもできます。

私は以前、勤めていた会社はそのまま、新たなオンラインサロンに入って、プロジェクトを始めた事によって、グッと視野が広がり、新たな経験ができたこともありました。

また、知り合いやクライアントさんの中では、そうやって違う環境を経験する事により、今の環境をよりありがたく思えた、ということもあるようです。

いずれにしても、自分を取り巻く環境はとても大切

振り返ってみて下さい。

関連記事

  1. 自分の好きな事、やりたい事がわからない!

  2. キャリアは「創造」するもの!

  3. 意外に知らない「自分の強み」

  4. 目標達成を実現する2つのコツ

  5. 失敗は多いほど良い?!

  6. 「昔の自分」から見てみると?

  7. 書いた? 英文履歴書

  8. ワガママは良いこと?悪いこと?

最近の記事

  1. グローバルスタンダードの仕事術

    私の心に残るリーダーからのフィードバック
  2. マインドセット

    アンチコメント? おめでとう!
  3. グローバルスタンダードの仕事術

    反対意見、どうしてる?
  4. イタリア

    感動!日本のおもてなし