「昔の自分」から見てみると?

「出る杭がなくって」
「器用貧乏」

で、得意がわからない。そのような声をよく聞きます。そう言った方のバックグラウンドを聞くと、

  • 素晴らしいキャリアがあったり
  • 留学をされていたり
  • 海外で暮らされていたり
  • もしくは、会社で事務の仕事をしながら、子育てをして
  • めちゃくちゃマルチタスクだったり。

多くの女性(男性にも)には、
「凄い! 私もこんな人になりたい」と思う存在です。

それなのに「私なんて」。

そうおっしゃる女性、とーっても多いです。ですので、「そう思っているのは、私だけじゃないんだ」安心してくださいね。

「私なんて」そう思うのはどうしてでしょうか?
私も以前はずーっとそう思っていました。

その理由は?

周りと比べるから?
自分が自分に期待していることがさらに上だから?

自分を謙遜するのは、日本の文化の「美」の一部だと思いますし、自分に期待するのはとても良いのですが、それで、自己肯定感が下がってしまうと


「もったいない」です。

その時のオススメとして、

『「昔の自分から」今の自分を見てみること』です。

きっと、5年前、10年前のご自分から見ると、今の皆さんは素晴らしく進化しているのではないかと思います

  • 昔の自分から見て、今のあなたの「強み」は? 「得意」は? 
  • 昔できなかったことで、今できることは?
  • キャリアだけでなくて、良いのですよ。子育てでも、家事でも。

「私に得意なんてない!」
もしそう思われたら、昔の自分から自分を観察してみてくださいね

関連記事

  1. 目標達成を実現する2つのコツ

  2. 意外に知らない「自分の強み」

  3. 書いた? 英文履歴書

  4. とっても大切: 企業カルチャー

  5. 私にとって、働くとは?

  6. 知ってた?オンラインのワークショップの凄さ

  7. やってみて分かること

  8. 仕事における環境の大切さ

最近の記事

  1. グローバルスタンダードの仕事術

    私の心に残るリーダーからのフィードバック
  2. マインドセット

    アンチコメント? おめでとう!
  3. グローバルスタンダードの仕事術

    反対意見、どうしてる?
  4. イタリア

    感動!日本のおもてなし