やってみて分かること

将来のキャリアどうしようかな?
こんなことしたら、楽しいかな?

頭の中で1人ブレストしているあなた。
私もそんな時期がありました。

気が進まないのに会社に行っては「将来何ができるかな」「〇〇したら楽しいかな」
たまに主人に私のアイデアを話しては
あまりそのアイデアにノリが良くないので、1人で落ち込んでみたり。

そんなことの繰り返しでした。

私がそこから抜け出せたのは
1 コミットして、変える、と決めたから
2 やってみたから

「新しい人生にしよう」と決めても、考えているだけだと何も変わりませんし、何もわかりません。

面白そうと思ったら、まず「やって」みましょう

  • 誰かのために役に立ちそう、と思ったら、その「誰か」を見つけてサービスを提供してみる。
  • 面白そうな業界があると思ったら、その業界で仕事をしている人と話をする。

行動してみると「頭で仮説」を立てていたのとは違い、
「心でときめき」として腑に落ちるので、その後ブレることがなくなります

これについて、先日、私のクライアントさんと話をしていたら
「本当。本当。実際にやってみたら、すごーく色々なことがわかった」と話してくれました。
「私の見込み客だと思っていたら、実際に話してみたら、ターゲットが少しズレていた」
「こんなことで役に立つんだ」ということで「ありがとう」を言ってもらえて嬉しかった」など。

やりたいことのある方、その「仮説」を「検証」するのに
ベストの方法は、実際にやってみることですよ。

関連記事

  1. 「国際エグゼクティブコーチング」とは

  2. 知ってた?オンラインのワークショップの凄さ

  3. 目標達成を実現する2つのコツ

  4. やりたい事を書くと、どうなる?

  5. 仕事における環境の大切さ

  6. 自分の好きな事、やりたい事がわからない!

  7. The Best time is …? NOW

  8. 複数のコミュニティで生きると?

最近の記事

  1. グローバルスタンダードの仕事術

    ワーママの時間術
  2. ゼロからの起業

    会社は実験室!
  3. グローバルスタンダードの仕事術

    仕事における環境の大切さ
  4. グローバルスタンダードの仕事術

    複数のコミュニティで生きると?