女性のキャリア継続には、「あえて難しい」仕事が必要な理由

年末のこの時期、皆様いかがお過ごしですか?

私は昨日は少しのんびりして、読みたかった本を数冊エンジョイすることができました。

その一冊は、私の尊敬する

「ゴールドマン・サックス流 女性社員の育て方、教えます」

キャシー松井さん

あのゴールドマンの副会長兼チーフ日本株ストラテジストの彼女は子育てもされ、一時は専業主婦も考えたことがあるそうです。日本で活躍され、執筆もされる、彼女のような公のロールモデルがいることを本当に嬉しく思います。

是非皆様にも読んでいただきたいのですが、この本では、

  • 男性vs女性のPR力
  • 女性には男性よりも少し励ましが多い必要があること
  • メンターやスポンサー制度
  • 30代の女性をいかに引き留めるかのネットワークの必要性

など、実践的で共感と納得ばかりの内容でした。女性だけでなく、日本の全ての人事、管理職の方々に読んでいただきたい本です。その中で私が特に印象に残ったのが、

女性に「あえて難しい仕事をさせてみる」

と言うことです。私が一番充実した仕事をしたのは、30代。出産をしてからでした。20代の頃は、終電で帰れない遅くまで仕事をしていましたが、貢献度ややりがいを考えると、圧倒的に育休復帰後です。

それは、30代でそう感じたのは、大きな責任のある仕事を任せてもらったから。

悩むことも多く、子育てとの両立は大変でしたが、もしあの仕事がそれほど面白くなかったら、「これなら、子供が家で待っているのにわざわざ仕事をする必要あるかしら」と、逆にキャリアを続けられなかったかもしれません。

やりがいがあって、面白かったから、そして、「あえて難しい仕事」だったから続けられたと思います。

両立どうしようかな
これから復帰しようかという方々。

20代の独身の頃と同じように仕事はできないと思いますし、違う形で貢献されるのが良いと思いますが、ある程度チャレンジングで「難しい」仕事であることは大切なのではないでしょうか?

いずれにしても、こちら、女性の働き方についてとっても参考になる一冊です。年末年始にお時間のある方。是非読んでみてください。

 

関連記事

  1. 女性と男性のキャリア設計の違い

  2. シャンパンを飲む年末に考えたこと

  3. ゴールを持つことで充実した時間を

  4. デジタルデトックス、どうしてる?

  5. ワーママの時間術

  6. パートナーにどれだけお願いしてる?

最近の記事

  1. ステップアップ

    「こだわり」を持つ人生
  2. ステップアップ

    本当に大切な自由とは?
  3. ステップアップ

    週末のベネツィア旅行
  4. オンラインセッション

    失敗は多いほど良い?!