低空飛行から飛び立つには?

先日、コミュニティのメンバーさんとお話ししていて、大変嬉しいコメントをいただきました。

「祝子さんのプログラムに入っていなかったら、ずうっと低空飛行していたかもしれない」

キャリアや人生についてだがどうしたら良いかわからず「暗い気持ち」があったという彼女ですが、プログラムを通じて、

・キャリアや経験の棚卸しをしたり
・自分の強みを考えたり

しているうちに

やりたい事を発見され、
積極的に活動されました。
・その結果、数ヶ月で大きく前進

どなたもそうですが、「これをやろう」と決めて行動すると、必ず結果がでます。

1歩1歩進んで行くと、その時にはあまり動いていないように感じても、数ヶ月経って振り向くと「私、こんなに長い道のりを来たんだ」と感じる事でしょう。

そこで大切なのは、環境。

途中で挫けたり、怠けたくなったり、動けなくなった時に「気がついたらまた頑張れる」同じような志を持つ仲間がいる事がおすすめです。

中学校の部活や学校の行事を思い出してください。私は運動が苦手だったのですが、なぜかマラソンが多い学校に入り、真冬に寒稽古!

「うわっ私、出来ないかも」と思いましたが、「みんなやっているから仕方ない」と走り始めたら、しばらく経って「走った後は気持ちいいな」なんて思えるようになりました。部活ではオーケストラ部に入っていたのですが、毎日の朝練や週末の練習。ちょっと嫌だな、と思っても、先輩も同級生もやっていると、「私もやってみようか」という気持ちになります。

「仲間が続けていくから私も頑張ろう」

そんな環境で少しずつ進んでいると、気がつくと低空飛行していたのが大きくはばたつ事に繋がります。

1)行きたい方向性を明確にする事。
2)その後にゴールまで向かっていける環境に身を置く事。

この2つが大きく羽ばたくコツではないかと思います。

素敵な週末を! 

 

関連記事

  1. もう一度キャリアをやり直すとしたら?

  2. キャリアへの復帰

  3. キャリア設計: 「戦略型」「反応型」?

  4. 人生を後悔しないコツ!

  5. 「今の仕事、ちょっと違うかも」そんな時どうする?

  6. 一人で悩んでいるのなら…

  7. 「たかが」話を聞くだけ、「されど」話を聞くだけ

  8. キャリア迷子のあなた 絶対にやらないで!

最近の記事

  1. グローバルスタンダードの仕事術

    自己アピール 苦手克服法
  2. 転職

    転職に興味があるなら是非観て!
  3. ステップアップ

    『「個」の時代… 会社員の私は情報発…
  4. 仲間の大切さ

    一人で悩んでいるのなら…