ゴールが見えると元気が出る?

先日あるクライアントさんと話していた時のこと。
いつも「メチャクチャ」ポジティブな彼女が何故か元気がありません。

「どうしました」と聞いていると、転職して数ヶ月の仕事は上手くいっているし、プライベートも問題なさそう。

それなのに何故かいつものエネルギーがない

どうしたのかしら?

よくよく聞いていると、今に不満はないけれど、今まで頑張ってきたゴールを達成してしまって、次が見えないためにぽっかり穴が空いてしまった感じとか。

転職しようと頑張って、成功した。
新しい環境に馴染もうと思って、それについても上司に褒められたばかり。
では次にどうしよう?

次のステップが明確でない事が原因で元気がなくなってしまったよう。

ニコニコしてハッピーでいておかしくないのに、そんな状況でも自己成長意欲の高い方は「で、次は?」とエネルギーレベルが落ちてしまうことがあります。

それから20分後。

次の目標が決まり、そこに向けて「ワクワクしながら頑張れる」を確信した彼女がポロッと呟きました。

「そっか。ゴールが見えていると元気が出るんだ」

この黄金の言葉を私は忘れないでしょう。
次のゴールが見えて、そこに向かって何をすれば良いのか行動がクリアになると、私たちはエネルギーが湧いてくるようです。

私にも似たような経験が何度もあります。。。

私は夏にシチリア島に数週間行き、そこで義両親と子供達を時間を過ごすのですが、パラダイスのように美しいところにいても「つまらない~」と悩んでいた時期がありました。

当時、シチリアでの私の目的は子供達を連れてそこにいる事。食事のメニューも毎日のスケジュールも主導権が義両親にあった当時は私は「何もせず」いる。仕事をせずに、また家事の意味でも「ゴール」がなかったことが私の「つまらない」の原因でした。

朝起きても「今日何するんだろう」家族が海に行くと言えば、そこに子供と行き、彼らがどこかのお宅に呼ばれてそこで食事となればそこに着いていく。そんな「ゴールのない」受け身の時間はいくら美しい場所にいても、私にとって非常に「辛い」ものでした。

(今では夏にはその美しい場所からワーケーションと言って仕事をしているので、とてもハッピーです!)

毎日の仕事やルーティンに「つまらない」と思われている方。
次のゴールが明確になると解消されるかも??

とは言っても何をゴールにしたいかわからない。
一人で考える気にならない、という方。
仲間がいると良いかもしれませんね。

オンラインで色々なコミュニティがあるので、お好きなカテゴリーのグループを探すなどして、誰か一緒にすると良いかもしれません。

どんなに小さな事でもいいのです。「これやってみよう」と言うゴールは毎日の生活に元気と楽しさのスパイスとなる事でしょう。

関連記事

  1. Yesという時。Noという時

  2. やらない「言い訳」していませんか?

  3. Prince Harryの過去と未来

  4. 「たかが」話を聞くだけ、「されど」話を聞くだけ

  5. 「こだわり」を持つ人生

  6. 〇〇したいけれど、自信がない?

  7. 「行動」のマジック

  8. 本当に大切な自由とは?

最近の記事

  1. グローバルスタンダードの仕事術

    フィードバックの「おねだり」?
  2. イタリア

    世界中の会社員が日本人女性だったら?
  3. 仲間の大切さ

    ミラノ石川選手に学ぶポジティブフィードバックの大…
  4. オンラインセッション

    自分を活かせる場