客観的にみて、初めて気づくこと

先日あるクライアントさんと話していたら

「転職活動をして初めて気づきました!」

「なになに」と聞いて納得。


昔は自分は大企業のファイナンス部門で仕事をしてきて、大きな部署の1部しか担当していないと思っていたけれど、実はその中には、本体の会社、子会社とのやりとり、工場も減価償却も〇〇も▲▲もあって、実は複雑らしい。サービス業とか他の業界のファイナンスって、もっとシンプルなのですね、とのことでした。

「いくつかの会社に面接に行って、今までの業務で結構複雑なことがやれていたってことがわかって、自信がつきました!」


というものそうなのです。客観的にみないと、わからない事ってあるのですよね!

客観的にみるのは、別に転職活動をする必要もないのですが、違う業界の人と話したり、
そのような情報をインプットしたりすると分かってきます。

私は以前サラリーマンの時には会社と家の往復しかしていなかったので、自分の状態を「客観的に」みることはほぼ全くできていませんでした。

それは、上の方のように自分の仕事の「範囲」に関しても、また、自分の仕事の「やり方」に関してもそう。
自分でやっていると、ある意味狭い視野の中で考えて、他が見えなくなること、ありますよね。

ではどうやって視野を広くするか?

上の方のように、色々と「経験」するのは客観視するのにとても良いですが、それと同じくらい、そしてもっと効果的な方法があります。

全くバックグラウンドの違う人と話したりそういった人からの「フィードバック」をもらうこと。

ただ、単に「異なるバックグラウンド」の人でも、向いている方向が違うと話が噛み合わないかも。

志や、目指している方向が同じ人の方が良いでしょう。

私は、今まで10カ国で仕事をする中で、私と全然違う経歴の方からのフィードバックがあり、そこから「違う視点で」自分を客観視できていたかと思います。

もちろん、フィードバックと言っても、「ビクビクしたり」「怒られるかな」と怖くなるものでなく、肯定的にそして、建設的なポジティブフィードバックを意味しています。

さて、3月6日から「ポジティブフィードバック」のテーマで3日間の無料講座を開催します。
よろしかったら、こちらからお申し込みくださいね。

 ポジティブフィードバック講座に申し込む

違う見方があることに気付いたり、新たな気づきとなる事でしょう。
こちらのセミナー、女性だけでなく、男性もウェルカムですので、旦那様、パートナー、同僚の方にもご紹介して頂ければ嬉しいです!

ポジティブフィードバック講座に申し込む

関連記事

  1. やりたい事を書くと、どうなる?

  2. 自分に ポジティブ フィードバック してますか?

  3. フィードバックの「おねだり」?

  4. 成功は2度つくられる

  5. 反対意見、どうしてる?

  6. あなたにとって一番大切なプロジェクトは?

  7. 私の心に残るリーダーからのフィードバック

  8. 複数のコミュニティで生きると?

最近の記事

  1. グローバルスタンダードの仕事術

    キャリアは『黒か白』?
  2. マインドセット

    昔のあなたへのメッセージ
  3. マインドセット

    新しい体験、してますか?
  4. ポジティブフィードバック

    意外に簡単!気まずい同僚との良い関係