先日、コミュニティ内で「予祝の会」をしました。

予祝とは、「お祝い」を「予約」すること。

叶えたいことを、あたかも「既に」それが起こったように「過去形」でアウトプットしあう会です。

〇〇ヶ月後を設定して

  • 「すでに▲▲が叶えられました!」
  • 「よかったですね。おめでとうございます!」

こんな感じに話が進みます。

言っている方は恥ずかしいのですが、聞いている方は、
「あなたが言っていること、当然なるでしょう!」と思って聞いています。
そしてその後、とてもナチュラルに

  • 「いつもよりもさらに輝きが増している」などのフィードバックがあったり、
  • 「次の目標は?」
  • 「ご家族や同僚とどうやってお祝いします?」

など追加の質問があったりします。

更なるフィードバックに、発言者もさらに想像が膨らみ、
数分後には、「大きな大きな夢」と思って話したことが、
既に起きたこととなり、その先のゴール設定もされます。

これ、1人で目標を考えているだけでは
おそらく到達しない領域に数分でいくのです。
その秘訣

「相手」がいるから。

  • ニコニコして聞いてくれる人、
  • 自分をさらにストレッチさせてくれる質問をしてくれる人。

それによってさらに進化します。ここで大切なのは

受け止めて聞いてくれて、「ポジティブに」フィードバックしてくれる仲間。

これが「リスクが多いからやめた方が良いのでは?」とか
「それって難しいのでは?」という人に聞いてもらっても、
逆に不安になってしまいますね。

ですので、予祝の会を楽しんで、成功させるためには、

「誰に聞いてもらうか」
「どんな相手にフィードバックしてもらうか」

がとても大切です。
逆に聞いてくれる人が良いフィードバックをくれる人なら、
予祝をやるほど良いでしょう。
まだ試したことのない方、試してくださいね。

誰とやろう、という方。

「予祝の会、興味あります」と私にメールをください。

ご要望が多ければ、日程調整して一緒にやりましょう!