なぜ日本人女性は時間に追われているの?

私は世界10カ国で仕事をしてきましたが、そこで感じたことは。

日本人、特に女性は、世界中でもっとも時間に追われている!!!

今こそコロナで通勤時間もほとんどありませんが、日本人の平均通勤時間は世界でも長い国の1つ。

国・地域平均通勤時間平均休暇取得日数
アメリカ25分
ヨーロッパ38分30日/30日
日本50分7日/18日
世界の通勤時間

そして、「やる事、すべき事」が多く、休みの少なさでは、世界一。例えば、Expediaの2015年のデータによると、フランス人は平均30日の休暇が取得できて、それを全て消化(ヨーロッパ諸国は全体にこのような傾向)するのに比べて、日本人は18日中、7日しか消化しないとか。韓国と並んで、世界でも有数の「休みを取らない」国です。これも、コロナで世界中に影響がありますが。

日本のママ業は世界でも稀

日本の女性は家事もきっちりこなし、料理のレベルもお片付けや掃除の頻度や細かさも尊敬に値します。

  • 日本料理だけでなく、フレンチにイタリアン、中にはエスニック料理も家で作ったり、パンやお菓子を焼いたり。
  • 幼稚園のお子様のお弁当作り
  • 着替え袋などのお裁縫
  • 受験勉強の送り迎えやお相手
  • 公文や英語のお稽古をフォローアップ
  • 働いていても家事を1人でこなし
  • 親御さんにも、シッターさんや家事代行にもほとんど頼らないで全てを完璧にこなす

のは、海外ママでここまでしている人はごく稀で、世界中でも本当に稀です。
私の知っている海外のママは、これらを職種や収入に関係なく、誰かに頼っているか、どこかで随分手抜きをしています

世界のママに比べて、日本のママが唯一「楽」なのは、大抵の場合、小学生から学校に送り迎えしなくて良い事くらいです。

古代ローマ時代から、素晴らしい英雄の裏には、素晴らしい妻や母親がいた、と考えられていたようですが、日本女性は、本当に凄いですよね。

国内外に住む多くの日本人女性と話していて、よく思うのは、「そこまで完璧に全てをこなさなくても良いのでは」という事。

ご自分をシャンパンタワーの一番上のグラスと考えて、自らのハッピネスを満たすこともとても大切です。

ここで大切なのは、「時間の使い方」

何をして、何を止めるか

自分でやらなくても良いことをいかに任せるか(ロボット掃除機も含め!)

休むことも大切にして、脳がクリエイティブになる時間も確保

これから数回にわたって、「女性のための時間術」についてお伝えしますね。

関連記事

  1. ワガママは良いこと?悪いこと?

  2. やらない「言い訳」していませんか?

  3. パートナーにどれだけお願いしてる?

  4. 「〇〇してから」何かをしよう、の落とし穴

  5. 新年のご挨拶

  6. ひらめくのはどんな時?

  7. 任せること、得意ですか?

  8. キャリアは「創造」するもの!

最近の記事

  1. 未分類

    自由に働くって?
  2. スペシャルインタビュー

    起業するとは?
  3. ステップアップ

    発見: 目標達成するためのコツ
  4. グローバルスタンダードの仕事術

    自己アピール 苦手克服法