部下の「ために」働いていますか?

結果の出ている会社や上手く行っているチームで共通している事。

なんだと思いますか?

色々とあるかもしれませんが、私が思うに。。。

上司「が」チームのメンバーが働きやすいような環境作りをしている事

環境作りというのは
情報の共有
人との繋がり
バジェットの確保
その他の必要なリソース確保のお手伝い(他部署からの協力など)

上司がチームの人々が何を必要としているか察して、
それをあらかじめ整えてくれたら最高

普通はチームが上司の「ために」働いていると思うかもしれませんが、
実はうまく行っているチームはその逆!

上司「が」部下の「ために」働いているのです。

私がお世話になった素晴らしいリーダーたちは何かあるごとに
“how can I help you”

上司が部下の「ために」ですね。

当然、戦略や方向性を決める、など 
上司の立場の人がすべき事は沢山あります。

ただ、最終的に上司がチームの「ために」すると、チームはお客様の「ために」するので、良い循環で、みんなが楽しく、 WIN WIN となるのではないかと思います。

チームを持たれている方。

部下の「ために」一度やってみてくださいね!

関連記事

  1. 良い部下とは?

  2. 「弱み」の裏の「真の強さ」

  3. 会社は実験室!

  4. 任せること、得意ですか?

  5. The Best time is …? NOW

最近の記事

  1. グローバルスタンダードの仕事術

    ワーママの時間術
  2. ゼロからの起業

    会社は実験室!
  3. グローバルスタンダードの仕事術

    仕事における環境の大切さ
  4. グローバルスタンダードの仕事術

    複数のコミュニティで生きると?