書いた? 英文履歴書

読んでもらえる履歴書

先日に続いて、転職関係のノウハウについてお伝えしますね。

面接に行くためには、まず書類審査で通らなくてはいけません。英文履歴書、CVを作成しましょう。

さて、CVを書く前に、その書類がどのように使われるのかを考えてみましょう。
私も特に海外の企業で、採用は何度もしたことがありますが、まず

  • 担当者(大抵、求人が必要で実際上司になる人)
  • 人事担当者

2人に書類が渡ります。応募者が多いと、人事がスクリーニングして、おすすめのCVのみが担当者にいくこともあります。その場合のスクリーニングは、

応募者が求めている人のプロファイルにあっているか。そのためにCVはそれを瞬時で伝えるものである必要があります。

私が読むのは一番上にある「まとめ」や「サマリー」。ここで、

  • 応募の条件は満たしていること
  • 他の応募者との差別化がはっきりしている必要

があります。その3、4行で「面白そう」と思われないと、CVをいちいち下まで読んでくれない場合もあると思いますので、上の数行には80%のエネルギーを費やしても良いのではないかと思います

ストーリーのある経歴

そして次に仕事の経歴。これもただ時系列に並べてあるだけでなく、「ストーリー」になるように書きましょう。

採用者の頭の中に、「私はこんな人」というストーリーが浮かんで、「面白そう」「一緒に仕事してみたい」と思わせるように、書いてくださいね。また、このCV、私はあまり長いのは好きではありません。おすすめはA4 1枚でまとめること。当然、全ての経歴を細かく書くスペースはないと思いますので、「何を選んで、何を書くか」はとても大切です。

CVの目的は会ってもらう事。面接で会えば、多くの情報をお伝えできますので、CVで全て書く必要なありませんね。

たかがCVされどCV。
ここで上手く通らないと、他の応募者に埋もれてしまって、次のステップに行くことができませんので、自分を棚卸しして、自分の強みを思いっきりアピールしてくださいね。

 

関連記事

  1. やってみて分かること

  2. 週末のベネツィア旅行

  3. Prince Harryの過去と未来

  4. もう一度キャリアをやり直すとしたら?

  5. 「行動」のマジック

  6. やらない「言い訳」していませんか?

  7. 聞いてもらえる話し方の5つのコツ

  8. キャリアは「創造」するもの!

最近の記事

  1. グローバルスタンダードの仕事術

    自己アピール 苦手克服法
  2. 転職

    転職に興味があるなら是非観て!
  3. ステップアップ

    『「個」の時代… 会社員の私は情報発…
  4. 仲間の大切さ

    一人で悩んでいるのなら…