高ければ良いものではない!期待のレベル

これを読まれている皆様、「出来る女子」である方が多いのでは?

そんなあなたは、さまざまな事に対する期待のレベルが高いのではないかと思います。
ご自分への期待。ご家族やチームへの期待。時にはお子様にも?

自分と同じようにできないと、ダメ!
完璧を求めてしまう。

私も昔はそう考える傾向がありました。

ただある時、「私はこんなに頑張っていて、みんなも努力して欲しいのに、何か空回りしているな」と悲しくなることがありました。

他人に自分と同じ価値を期待していたのですね。

  • 私ならもっと質の良いアウトプットができるのに。
  • 10分残業しても制度を上げる。
  • 子供が寝てから、これもやってくれたら良いのに。
  • どうして部下はここまでやってくれないの?

ただ、こうやって仕事の精度をあげても、果たしてトータルの結果にはつながっているのか?

そうとも言えない場合、多いですよね。
それなら手抜きをして、家族や友達と時間を過ごした方がハッピーかもしれません。

同じ結果も、それに対してどう期待していたかによって自分の気持ちは変わります。
85点、という結果があって
「85点も!、すごい」と思うか
「85点しか?」と思うか

その会社のその状況で85点でも十分なら100点になるまで時間を使うよりも家族とその時間を費やした方が。

100点にすることで、新規のクライアントさんがゲットできるなら、その時は100点にする事を期待して、プッシュすべきだったかも。

期待値によって、同じ結果でも自分の満足度は変わります。

案外誰も気づかず、何も変わらず、そしてご自分のハッピー度がアップするかもしれませんよ?

関連記事

  1. 「トキメキ」で未来を選ぼう

  2. あまえる=社会貢献

  3. 実は私にもありますよ。自信がなくなる時

  4. シャンパンを飲む年末に考えたこと

  5. あなたにとって一番大切なプロジェクトは?

  6. 最近、褒められていますか?

  7. ひらめくのはどんな時?

  8. 「モヤモヤ」を「ワクワク」にする2つの方法

最近の記事

  1. 未分類

    自由に働くって?
  2. スペシャルインタビュー

    起業するとは?
  3. ステップアップ

    発見: 目標達成するためのコツ
  4. グローバルスタンダードの仕事術

    自己アピール 苦手克服法