〇〇をしたいけれど、行動できない!

新しいことをしたいけれど、やってみようと思うけれど、行動できない!こんなお悩みを聞くことがあります。行動できないのは2つ理由があります。それぞれ、解決策が違いますね!

1.やり方がわかっていて、行動できない
2.やり方がわからなく、行動できない

ーやり方がわかっていて行動できない場合ー

  • 分かったいるんだけど、なんか動けない。
  • やる気が出ない。
  • 忙しすぎる。

この場合は、勇気づけられたり、背中を押してもらったりすると、行動ができるようになることが多いです。

忙しくても、本当にやりたいことには時間を割くのが人間なので、「時間がない」はもしかしたら、自分への言い訳かも?

なぜか動けないのは、良くあるのことなので、この場合でも自己嫌悪に陥る必要はありません。
どうしたらモチベーションがあがってできるかを探せば良いですね!

私の場合、それぞれの分野でモチベーションをあげてくれる人がいるので、その人とアポをとって話すと、次に進むだろう、という感じです。

それがコーチでもメンターでも友人でも、結果に結びつけば素晴らしいですね!
背中を教えてくれる人を見つけて助けてもらいましょう。

ーやり方がわからなくて行動できない場合ー

この場合、
「やり方を学ぶ」方法
■「わからなくてもとりあえず動く」方法

この2つがあるかと思います。

前者の場合は、とりあえず、その道で成功している人に話を聞くことをお勧めします。あなたのやりたいことを既にやっていて、それを短期で教えてくれるなら、非常に価値があるでしょう。

  • 会社の先輩。
  • ロールモデル。
  • オンラインで会った人。
  • あなたのやりたい夢を既に叶えている人

の話を聞いてみてください。色々な人がいる場合は、聞いてワクワクしなければ、他に探しても。ここで大切なのはあなたの感情です。誰をメンターにするかはあなたが決めましょう。

後者の場合は、あなたのやりたい事が既に世の中にまだあまりなかったり、既にやっている人がいないかもしれません。その場合は、「わからなくてもとりあえず動く」ことも大切です。

ゴールまでの道すじがわからない。
夢にたどり着くにはどうしたら良いのか?

分からないこと、ありますよね。〇〇のエリアでサービスをしたいなら、

とりあえずやって、提供してみるのも手です。まだ専門家でなくても、トライアルとして気楽に失敗してもやってみる。ボランティアで無料でもやってみる。 

それによって、あなたの価値を肌で感じることもできるでしょう。

「行動するためには、全てを知っていなければならない」そんなことはありません。

私はいつも走りながら考えているタイプです(笑)

そして、一人じゃできない、という人。そのために背中を押してくれる人の存在があると良いかもしれません。コーチ、メンター、友人、コミュニティ探してみてくださいね。

やり方が分かっていても、分からなくても。
できることを「とりあえず」やってみるか。行動してみるか。ここで将来は決まります。

あまり考えすぎないで!動いでみましょう。

完璧でなくても、大丈夫ですよ!

関連記事

  1. Prince Harryの過去と未来

  2. 面接で何を話す?

  3. 女性のキャリアのステージ: 常に頑張らなくても!

  4. 「たかが」話を聞くだけ、「されど」話を聞くだけ

  5. 納得!環境の大切さ

  6. 知ってた?オンラインのワークショップの凄さ

  7. 聞いてもらえる話し方の5つのコツ

  8. Yesという時。Noという時

最近の記事

  1. グローバルスタンダードの仕事術

    自己アピール 苦手克服法
  2. 転職

    転職に興味があるなら是非観て!
  3. ステップアップ

    『「個」の時代… 会社員の私は情報発…
  4. 仲間の大切さ

    一人で悩んでいるのなら…