「たかが」話を聞くだけ、「されど」話を聞くだけ

女性の方々の中には会社にいても、起業しても「誰かのためになりたい」「役に立ちたい」という声をよく聞きます。さすが女性! 男性ももちろんそういった方、多いと思いますが、女性の方が多い気がするのは私だけ?

さて、その中で、「私には特別なスキルもないし『器用貧乏』で何もできない…」

こうおっしゃる方が何と多いことか!

そして、その後で大体人の話を聞くのは好きだし相談されることも多いけれど、それだけじゃ。。。資格もないし」

そんな方に朗報。

人に話を聞いてもらって、「そう」「うん、うん」と頷いてもらうのって、どんなに大切か知っていますか

多くの人はそんな状況にいると、「それで、私はこう思って」「で、こうだから」「あ、今度こうやって見ようかな」と一人で問題解決されることもあります。

私のコーチングはコンサルの要素もあるので、TEACHING もしますが、それでも多くは、”人の話を「聞く」”こと。

「将来何をしたい?」
「以前、最高に楽しかったお仕事はなんだった?」
「その理由は?」

こんな感じで掘り下げていくと、「あ、私ってこうだったのかも」とご自分で気づきを得られます。私はいくつか質問して、頷いているだけ。

といっても聞いてくれる人が「誰でも」良いわけではありません。

  • その方の課題のテーマに経験や知識があって
  • 共感力の高い人
  • ご自分がその分野で「すでに克服」している場合

は大抵これに当てはまります。なので、

「こういう人助けたいな」
「私、こんな役に立てるかも」

と思ったら「できない」理由を考える前に、やってみてください。

あなたが経験したり知っている分野で今困っている人きっとたくさんいることでしょう

そして、あなたがその人たちの話を「聞くだけ」で「あースッキリした」「心が軽くなった」と思われることと信じています。

 

関連記事

  1. 若い時に苦労すると?

  2. 本当に大切な自由とは?

  3. 世代を超えた人間関係を持つとどうなる?

  4. キャリア設計: 「戦略型」「反応型」?

  5. キャリアへの復帰

  6. Yesという時。Noという時

  7. 全ての道はローマに通じる?

  8. やってみて分かること

最近の記事

  1. グローバルスタンダードの仕事術

    私の心に残るリーダーからのフィードバック
  2. マインドセット

    アンチコメント? おめでとう!
  3. グローバルスタンダードの仕事術

    反対意見、どうしてる?
  4. イタリア

    感動!日本のおもてなし