もう一度キャリアをやり直すとしたら?

先日、マーケティングのゲスト講師として行った明治大学で、1人の生徒さんにこんな質問をされました

「色々な経験をされたようですが、もう一度キャリアをやり直すとしたら、何を変えますか?」

授業中にも積極的に発言していた彼からの質問。さすが良い質問! 英語のアクセントからして、アジアのどこかの留学生のよう。一瞬考えてしまった私ですが、話しているうちに3つ出てきました。まとめると

  1. 「コンサル業界にあと数年残っていたかも」
  2. 「転職をもう少し戦略的に考えたかも」
  3. 「もう少し早めに起業していた」

最初の仕事が戦略コンサル業界でしたが、そこでインターンシップ、転職と海外のプロジェクトを経験し、ニューヨーク/ 東京/ 香港/インドで働かせていただきました。

毎日終電の後のタクシー帰り。週末も仕事。当時は大変でしたが、今考えてみると、それは自分の時間管理と優先順位の問題もあったのでしょう。

男性ばかりで、ロールモデルもいなく、「このままここで成長するのが想像できないし、ワクワクしない。上手くやっていける自信もない」と転職を決断しました。

今考えれば、20代でそんな悩みを持つのは当然誰かに相談すればよかったのですが、一人で抱え込んでしまい「逃げ」(退職)と言う結論となりました。

戦略コンサルファームで学ぶことは本当に多かったので、チャンスがある方には是非オススメのキャリアです。私も、あそこで相談相手がいたり、もう少しきちんと考えていればそこで退職しないで、もう少し残っていたかも、と思いました。

私にとってあの数年間は「お給料をいただいて、ビジネススクールに通っている」ようなもの。本当に色々とお勉強をさせていただきました。また、あの忙しさ、大変さを経験しておくと、その後どんな会社にいっても。どんなに大変でも「大丈夫。あれができたのだから」と頑張れるようになりました。

「可愛い子には旅をさせよ」と言いますが、可愛い自分に若い頃、大変な思いをさせておくと、後からのキャリアが「楽」に感じますよ!

他にも「キャリアのやり直しをするなら」2点あります。

2と3については次回お伝えしますね。

みなさんは、今、振り返ってみて、もう一度キャリアをやり直すとしたら、どうされますか?

何かを変えられますか?コメント、お待ちしています!

 

関連記事

  1. The Best time is …? NOW

  2. 目標達成を実現する2つのコツ

  3. 書いた? 英文履歴書

  4. 「たかが」話を聞くだけ、「されど」話を聞くだけ

  5. とっても大切: 企業カルチャー

  6. 自分の人生、生きていますか?

  7. キャリア設計: 「戦略型」「反応型」?

  8. キャリアへの復帰

最近の記事

  1. グローバルスタンダードの仕事術

    私の心に残るリーダーからのフィードバック
  2. マインドセット

    アンチコメント? おめでとう!
  3. グローバルスタンダードの仕事術

    反対意見、どうしてる?
  4. イタリア

    感動!日本のおもてなし