他人と比べないで!自分と比べよう

「隣の芝は青くみえる」

これ、よくあることです。
私が会社員の時にも、起業してからも、

「あの人はもうマネージャーなのに、私はいまいちやりがいのない仕事で終わってるのだろう」
「あの人すごいな」
「彼女はあんなにフォロワーがいて、私にはいない」

などと思うこともあります。しかし、他人と比べているとキリがありません。何故ならなんらかの分野であなたより優れている人は、「常に」いるから。

そこで自分を低く見ると、常にその視点で自分を見ることになります。

これではいくら頑張っても、いつまでたってもどこかで「まだ自分が足りない」と思ってしまいがち。

そこで、

私の提案は「自分と比べること」

1 過去の自分と比べる
過去、数週間、数ヶ月を考えて、〇〇の分野で成長したな、とか頑張ったな。自分を褒めてください。
自分が「進化」していることが「常識」と思っていたり、そのような環境にいる人は、ここ、当然と多いがちですが、たまに振り返って、自分に「頑張ったね」と言うのはとても大切です。
2 未来の自分と比べる
未来に理想像と比べましょう。
私は、80歳になっても、世界中で講演をして、女性の生き方、働き方に貢献できる存在でありたいです(笑)。その道で成功すると(自分で勝手に)決めているので、その自分(元気なおばあちゃん)には今の私はかないません。

未来のすごい自分と比べて、そのために頑張らなきゃ、と良い刺激をもらっています

過去の自分との比較も、未来の自分との比較も、腹を割って話ができる仲間がまわりにいる人は、これをシェアしあっても良いでしょう。私のコミュニティでは、「地球の反対側で」「同じような志」の人がいるので、お互いを褒めて応援しあうことがやりやすいようです。

ちょっとシェアする人、いないわ。と言う人は、ノートに書いてアウトプットしてください

そして、たまには、そんな自分にご褒美をお忘れなく!

関連記事

  1. アンチコメント? おめでとう!

  2. 「こだわり」を持つ人生

  3. 活躍しているビジネスパーソンの共通点3つ

  4. 新年のご挨拶

  5. 知ってた?オンラインのワークショップの凄さ

  6. 全ての道はローマに通じる?

  7. 時間がない?その本当の意味は?その1

  8. 〇〇をしたいけれど、行動できない!

最近の記事

  1. グローバルスタンダードの仕事術

    私の心に残るリーダーからのフィードバック
  2. マインドセット

    アンチコメント? おめでとう!
  3. グローバルスタンダードの仕事術

    反対意見、どうしてる?
  4. イタリア

    感動!日本のおもてなし